サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> スタイルシート >> スタイルシートについて

スタイルシートについて



スタイルシートとは

スタイルシートとはウェブページのレイアウトを専門に行う言語です。HTML内にそのスタイルを記述したり、HTMLと分離した別のファイルにレイアウトを記述して、複数のファイルから呼び出すことが可能です。

指定できるものとして、フォントや背景画像、余白、マウスカーソルなどがあり、スタイルシートファイルを変えるだけでサイト内の全てのページに適用することができるので、大規模なウェブ作成には欠かせないものになっています。

1つのスタイルシートは、サイトの全てのページに適用することができます。
また、複数のスタイルシートファイルを用意することで、サイト内のデザインをコンテンツによって使い分けることが可能です。

スタイルシートのメリットはサイト全体に統一感を出せることにあります。
一般の書籍のレイアウトに統一感があるように、ウェブにも同じ背景やフォントを使用したりと統一感を出すことも重要です。全てのページに同じスタイルシートを用いることで、サイト全体が1つのブランドとしての協調性を持つことができるのです。


スタイルシートについて

スタイルシートと言った場合、カスケーディング・スタイル・シート(CSS)と、JavaScript・スタイル・シート(JSS)がありますが、一般的にスタイルシートと呼ばれるのは前者のCSSです。

W3Cで標準化されているCSSには、CSS1(レベル1)とCSS2(レベル2)がありますが、Internet ExplorerやNetscapeなどのブラウザはCSS2を完全に実装しておらず、基本的にCSS1を記述することになります。


スタイルシートの実装

スタイルシート実装するには主に2つの方法があります。
  • 埋め込み型スタイルシート:style属性を用いてタグに実装する
  • リンク型スタイルシート:別ファイルにスタイルシートを記述し、そのスタイルを使うウェブページのヘッダーからリンクで読み込む
リンク型スタイルシートを用いると、外部スタイルシートファイルを更新するだけでサイト全体の見せ方を簡単に変更できるためメンテナンスが楽になるというメリットがあります。

また、スタイルシートファイルは最初にダウンロードするだけでよいので、そのスタイルを適用したページは、埋め込み型スタイルシートを利用したページよりもダウンロードが速くなります。

スタイルが多くのページに共通するものであればサイト全体のスタイルシートとして追加するべきですが、たった1ページでしか使わないスタイルは埋め込み型にした方がよいでしょう。

そうすると、ページ共通のスタイルにリンクしたままで、そのページの埋め込み型スタイルシートが追加されます。これは、修正されたページにも、共通のスタイルシートに対する変更が反映されるという利点があります


 
 

スタイルシートに戻る




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, CSS Samples. All rights reserved. - Home